タバコの害と、女性のお肌の老化の関係性とは

 

タバコと女性のお肌の老化の原因について解説します。

 

肺がんなどのリスクがあり百害あって一利なしとも言われているタバコですが、実は健康に及ぼす影響だけではなく美容面での影響も大きいと言われています。

 

 

特にタバコの害は女性のお肌の老化の原因とも言われていおり、女性にとっては深刻なお肌の悩みの要因となっているのです。

 

 

 

タバコが肌に及ぼす影響

 

タバコの害は女性のお肌の老化の原因と言われますが、一番わかりやすいのは「スモーカーズフェイス」いわゆる「タバコ顔」です。

 

 

初めて聞いたという人もいるかもしれませんが、長年喫煙を続けている人に表れる特徴的な顔の変化で、小ジワやほうれい線が深い・目の下のクマ・肌のたるみ・歯茎が黒くなるなど見た目年齢の低下、つまり「老け顔」になっていくのです。

 

 

実際にタバコを吸わない人に比べて5年以上も早く老化が進んでいってしまうとも言われており、長年積み重ねたタバコの影響が10年・20年後に女性にとって非常に深刻なものとなってくるのです。

 

 

老化を進める原因として、タバコの主成分のニコチンがあげられます。

 

 

ニコチンは皮膚温度を低下させる働きがあるため血行を悪くし代謝も下がってしまいます。

 

 

新陳代謝が悪くなるので肌の働きが低下しシワやくすみ・乾燥などの肌トラブルを引き起こしてしまうのです。

 

 

またタバコを吸う事で体の老化の原因とも言われている「活性酸素」が増えてしまいます。

 

 

これに対抗するために抗酸化作用をもつビタミンCが多く必要となり、結果的に肌の健康に欠かせないビタミンCが不足してしまうという事態に陥ってしまうのです。

 

 

 

 

タバコの害からお肌を守るには

 

ではこの「美容の大敵」タバコの害からお肌を守るのはどうしたらいいのでしょうか。

 

 

一番効果があるアンチエイジングはやはり禁煙です。

 

 

禁煙する事で肌の老化を防ぐだけではなく、タバコの害から自分の体を守ることもできます。

 

 

私はタバコを吸わないから関係ないと思っている人もいるかも知れませんが、受動喫煙という言葉があるように他人のタバコの煙「副流煙」の方が有害物質の量が多いとされています。

 

 

タバコを吸わなくても知らず知らずに実はタバコの害を受けているという事も少なくないのです。

 

 

パートナーや家族でタバコを吸う人がいる場合は、喫煙場所を決める・レストランなどでは禁煙席に座るなど副流煙を避ける事がお肌を守ることにも繋がるのです。

 

 

またアンチエイジング効果のある化粧品を使用する事でシワやほうれい線などの予防や改善が期待できます。

 

 

すでにシワが出来ているという人も慌てずにこれらの対策を実行する事で肌年齢を取り戻せる事も可能なのです。

 

 

タバコの害は女性のお肌の老化の原因となると言う事をしっかりと理解し、タバコの害から身を守ることが肌の老化防止や改善に結びついていくのです。

 

 

また、お肌の老化を防止して、お肌を若返らせるためには、毎日のスキンケアも大切です。

 

 

非喫煙者も、スキンケアを何をしていないければ、当然、お肌は年齢に比例して老化します。

 

 

ですので、普段からお肌のスキンケアを毎日しっかりと行いましょう。

 

 

美魔女の水谷雅子さんのスキンケア法は、お肌を若返りには凄く効果的ですのでオススメです。

 

 

アンチエイジングに非常に効果的なスキンケア法なので、参考にしてみて下さい。

 

 

そして、何よりもタバコは、お肌に非常に悪影響ですので、老けたくない方は、控えるようにしましょう。